■ 経営者・後継者向けメールマガジン「“いい会社”の創り方」

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちら



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
失敗しても、ミスをしても、反省を求めてはいけない。『次にどんな行動を起こすのか?何を変えるのか?』を確認する

 今日の一言
 
  「失敗しても、ミスをしても、反省を求めてはいけない。
  『次にどんな行動を起こすのか?何を変えるのか?』を確認する」 

            (ワンネス・コンサルティング 宮川 淳哉
 
─────────────────────────────────────────
 
今日の宮川メモ

◆「ちゃんと反省しろよ?」「はい・・」
 「本当に反省してるの?」「もちろんです。申し訳ありません。」
 上司が部下に反省を求める場面をよく見かけます。
 
◆何のために反省するのか?
 それは今後の行動を改善するため。
  それなのに、ほとんどの場合は上司が「反省させたい」だけなのです。
 反省を強いるとどうなるか?
 
 1.「ごめんなさい。もうしません。・・」と、
   とりあえず言っていればいいや、という
   楽な「思考停止状態」に逃げ込むことになる。
   この場を黙ってやり過ごせばよいという勘違いにつながる。
 2.萎縮して自発的な行動が少なくなってしまう。
   「失敗するデメリットの方が、チャレンジするメリット
       よりも大きい」というプログラムを脳に植え付けてしまう。
 3.上司側は「反省させた」ことで自己満足に陥る。
 
◆反省とは、本人自らが振り返ることです。
 そして大事なのは、
 「何を正し、何を改善し、
  具体的にどのように今後の行動を変えるのか?」
 それが決まるのであれば、反省させるための反省は不要です。
 
◆「反省させて」いませんか? 

| 宮川 淳哉 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:42 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    宮川 淳哉 (02/08)
  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    きょうこ (02/07)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    宮川 淳哉 (12/22)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    あめちゃん (12/21)
  • 登山の本番そのものよりも前段階に90%の力が必要
    黒猫やまと (09/27)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    宮川 淳哉 (07/28)
  • 自分の行動を変える意図を持って学習する習慣を身につけてほしい
    rinrin (01/28)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    さくら (11/18)
  • ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る
    生命保険の選び方 (09/17)
  • 事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ
    (07/02)

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode