■ 経営者・後継者向けメールマガジン「“いい会社”の創り方」

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちら



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
狂気とは:同じことを何度も何度も繰り返し、違う結果や何らかの変化が起こらないかと期待すること
今日の一言
 
  「狂気とは:同じことを何度も何度も繰り返し、     
    違う結果や何らかの変化が起こらないかと期待すること


              
(アインシュタイン
 
──────────────────────────────────
 
今日の宮川メモ

◆プロセスや原因があって、結果や変化が生まれる。
  問題解決の基本として、
  現象面に対処するのではなく、原因を分析し原因に対する解決策を講じる
  のは当たり前のことです。
  また、成果を上げたいのならば、今までのやり方とは異なる何らかの
  取組みを始める必要があるのも当たり前のことです。
 
◆ただし、組織でも個人でも見かけるのはこんな光景です。
 「いつもと同じ仕事のやり方をしながら、成果が上がることを期待する」
 「新しい挑戦をせずに同じ仕事しかせずに、成長を期待する」
 「毎月同じ作業を繰り返して、いつの間にか効率化が実現することを期待する」
 「いつもと同じコミュニケーションを取って、勝手に関係性が良くなる
  ことを期待する」
 
◆現状の結果や状態は、「たまたま」ではなく、「なるべくして」なのです。
 結果や状態を変えたいのならば、プロセスを変えるしかありません。
 それをせずに
 「勝手によくなるだろうと期待しては、毎年同じ結果にがっかりする」
 のは、狂気です。
 
◆今日から作り出せる「新しい変化」は何ですか?
| 宮川 淳哉 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:26 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    宮川 淳哉 (02/08)
  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    きょうこ (02/07)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    宮川 淳哉 (12/22)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    あめちゃん (12/21)
  • 登山の本番そのものよりも前段階に90%の力が必要
    黒猫やまと (09/27)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    宮川 淳哉 (07/28)
  • 自分の行動を変える意図を持って学習する習慣を身につけてほしい
    rinrin (01/28)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    さくら (11/18)
  • ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る
    生命保険の選び方 (09/17)
  • 事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ
    (07/02)

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode