■ 経営者・後継者向けメールマガジン「“いい会社”の創り方」

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちら



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
甘言ではなく、苦言を呈してくれる人こそが「宝物」
今日の一言

  
甘言ではなく、苦言を呈してくれる人こそが「宝物」

                                      (元プロ野球選手 工藤 公康)
              

────────────────────────────────────────

今日の宮川メモ


◆自分のことにはなかなか気づけません。
 人には現状維持のバイアスがあり、自分のいつものパターンに安らぎを
 感じるので、自分の欠点ですら自然に備わっている特質と感じがちです。
 他の人から見るとすぐにわかることが、自分にだけ見えていないのです。
 
◆だからこそ、たった一人の意見でも軽視してはいけません。
 一人の意見の向こう側には、他の数人、数十人も同じことを思っていると
 考えてよいのです。
 「常に批判的」「無気力に見える」「疲れているようだね」
 「何を考えているかわからない」「冷たい感じがする」「時間を守らない」
 「人の話をさえぎる」「元気がなさそう」「あの件、どうなってる?」
 よく考えてみましょう。一人がそう発言したのは、
 ・多くの周りの人の中でたまたま【その人だけがそう思った】からなのか?
 ・他にも多くの人がそう感じているが、遠慮、自制、優先順位、覚悟、
  面倒な結果として、【結果として一人しか口にしなかった】だけなのか?
 どちらでしょうか?
 
◆もちろん、落ち込む必要も過剰に受け止める必要もありません。
 ただ、苦言やフィードバックを素直に受け受け止めて改善するだけです。
 その姿勢は、きっと私たちの成長の鍵となるでしょう。
 
◆他人からの苦言を受け止め、感謝していますか?
| 宮川 淳哉 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:14 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    宮川 淳哉 (02/08)
  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    きょうこ (02/07)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    宮川 淳哉 (12/22)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    あめちゃん (12/21)
  • 登山の本番そのものよりも前段階に90%の力が必要
    黒猫やまと (09/27)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    宮川 淳哉 (07/28)
  • 自分の行動を変える意図を持って学習する習慣を身につけてほしい
    rinrin (01/28)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    さくら (11/18)
  • ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る
    生命保険の選び方 (09/17)
  • 事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ
    (07/02)

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode