■ 経営者・後継者向けメールマガジン「“いい会社”の創り方」

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちら



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る

 今日の一言
 
  「ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る」

     (プルデンシャル生命保険執行役員 平石雅史)
 

──────────────────────────────────────────

今日の宮川メモ

◆困難な出来事、例えば突然クレームを受けた時やトラブルの際の対応などには
  平生の自分、つまり普段の自分が出てしまうものです。
  つまり、表面上のマナーや対応方法を学んでも、「それが普段の自分」と言える
  まで染み込んでいなければ、いざ実践の場面では発揮されないということです。

◆修羅場で振舞う自分、余裕のない時に現れる自分こそが相手から見た自分で
  あり、その見え方によって、相手の心象や判断に大きな違いが生まれます。

◆相手はその一瞬の部分を見て何かを感じ、そして、その人の生き方・考え方・
  習慣をも感じ取ってしまうものなのでしょう。
  常日頃から自分を磨き続けているどうかをそこで試されているのです。

◆平生の自分を磨いていますか?

 

| 宮川 淳哉 | 09:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:03 | - | - | pookmark |
Comment
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by: 生命保険の選び方 |at: 2010/09/17 6:36 PM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    宮川 淳哉 (02/08)
  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    きょうこ (02/07)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    宮川 淳哉 (12/22)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    あめちゃん (12/21)
  • 登山の本番そのものよりも前段階に90%の力が必要
    黒猫やまと (09/27)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    宮川 淳哉 (07/28)
  • 自分の行動を変える意図を持って学習する習慣を身につけてほしい
    rinrin (01/28)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    さくら (11/18)
  • ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る
    生命保険の選び方 (09/17)
  • 事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ
    (07/02)

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode