■ 経営者・後継者向けメールマガジン「“いい会社”の創り方」

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちら



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ

    今日の一言
 
  「事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ」

     (ペリエ代表取締役 和田裕美)
 

──────────────────────────────────────────

今日の宮川メモ

◆人生とは選択の連続であり、その選択は自分自身が行っています。
  決断や行動のみならず、
  「出来事・事実の受け止め方・感じ方」においても同様に選択をしています。

◆自分の感情に影響を与えるのは、出来事・事実そのものではなく、
  その「受け止め方」であり、「意味づけの仕方」です。

◆「出来事」と「感情・反応」の間には、「自由」と「責任」があります。
  「出来事に対して、反射のごとく反応してしまう人」と、
  「一度事実をそのまま受け止めて、それからどう反応すべきかを考える人」、
  どちらが自分の選択に責任を負っていると言えるでしょうか?
  そして、私たちに与えられた自由を行使していると言えるでしょうか?

◆出来事に対する受け止め方を、自ら選択していますか?

| 宮川 淳哉 | 08:29 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:29 | - | - | pookmark |
Comment
いつも、ありがたい教訓です。

ある人から、同じような事を教えてもらいました。

「プログラムは自動操縦である」と。

まずは、受け止め方を自ら選択するところを

意識していきたいと思います。

次回も楽しみにしています。




Posted by: |at: 2010/07/02 1:23 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    宮川 淳哉 (02/08)
  • 意識的なものであれ、無意識的なものであれ、自分に問いかける質問は、最悪な敵にも最良の味方にもなりうる
    きょうこ (02/07)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    宮川 淳哉 (12/22)
  • 「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない
    あめちゃん (12/21)
  • 登山の本番そのものよりも前段階に90%の力が必要
    黒猫やまと (09/27)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    宮川 淳哉 (07/28)
  • 自分の行動を変える意図を持って学習する習慣を身につけてほしい
    rinrin (01/28)
  • 高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない
    さくら (11/18)
  • ふとした時に平生の自分がお客様の前で出る
    生命保険の選び方 (09/17)
  • 事実は一つだけど、捉え方は「いいか」「悪いか」の二つ
    (07/02)

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode